三菱自動車は10日、インドネシアのジャカルタ近郊で同日開幕した国際モーターショーに合わせ、東南アジア市場向けの新型多目的車(MPV)「エクスパンダー」を初公開した。インドネシアの新工場で年間8万台を生産する計画で、同国で今秋から販売する。日本での販売予定はない。同社の益子修最高経営責任者(CEO)は「新技術も取り入れた高級志向の車。ほかの東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国にも輸出していく」と話した。