トヨタ自動車は17日、カーシェアリング事業者が使うスマートフォン用アプリを開発したと発表した。年内にも米ハワイ州ホノルルで運用を始める。アプリをダウンロードすればスマホを通じてサービスの利用登録や車の予約、決済などができるようになる。スマホ自体が車の鍵代わりになりエンジンを始動させる機能も備えている。同州は学生や観光客によるカーシェアの需要が多く見込める。効果や課題を確認後、他の地域の事業者に広げる方針だ。