トヨタが出展した新型ランドクルーザー(共同)
トヨタが出展した新型ランドクルーザー(共同)
 【フランクフルト共同】ドイツ・フランクフルトで欧州最大級の国際自動車ショーが12日開幕し、日欧大手メーカーが電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)といった車を競って展示した。電動車が「主役」となった背景には、欧州でのガソリン車やディーゼル車に対する規制強化の動きがある。

 ホンダは、将来量産するEVの方向性を示した試作車「アーバンEVコンセプト」を世界初公開。八郷隆弘社長は「これは遠い将来のビジョンでない。2019年に欧州で発売する」と語った。同社は25年をめどに欧州の販売台数の3分の2をEVやPHV、燃料電池車などに置き換える方針を掲げている。

 トヨタ自動車はスポーツタイプ多目的車(SUV)のハイブリッド車(HV)試作車「C−HRハイパワー」を出展。デザイン性を重視した。欧州法人のヨハン・ファンゼイル社長は「HVはトヨタの強みだ」と強調し、引き続きHVに力を入れる考えを示した。SUV「ランドクルーザー」の新型も発表した。スズキは乗用車「スイフトスポーツ」の新型を初披露した。

 地元のドイツメーカーでは、BMWが電動化したモデルを用意する新型SUV「X7」の試作車を展示。18年に発売する予定だ。フォルクスワーゲン(VW)は、20年に売り出すEV専用ブランド「I.D.」の試作車を公開した。
BMWが公開した新型SUV「X7」の試作車(共同)
BMWが公開した新型SUV「X7」の試作車(共同)
430キロで世界一速い市販車として知られるブガッティ・シロンも登場(AP)
430キロで世界一速い市販車として知られるブガッティ・シロンも登場(AP)