大阪の人材派遣会社が開発した超高級な電気自動車(EV)=写真=が話題となっている。静止状態から時速100キロに到達するまでの時間はわずか2秒で、「世界最高加速」をうたう。スーパーカーにも肩を並べる性能で世界に売り込みをかける。

 開発したのは技術者の派遣を手掛けるアスパーク(大阪市)。EVは英語でフクロウを意味する「owl(アウル)」と名付け、9月にドイツ・フランクフルトで開かれた欧州最大級の自動車ショーで初披露した。

 今後、公道でも走れるよう細部を改良し、2019年をめどに50台限定で売り出す計画だ。価格は350万ユーロ(約4億6000万円)と想定する。

 アスパークの吉田真教社長は「EVやロボットなど、自社の人材を活用した製品を売り出すのが目標だった」と語る。