中部地方で最大規模の自動車イベント「名古屋モーターショー」が22日、名古屋市港区の「ポートメッセなごや」で報道関係者に公開された。国内外の42ブランドが最新車や電気自動車(EV)の試作車など約300台を展示。23〜26日に一般公開される。

 トヨタ自動車は、人工知能(AI)が運転手の疲労などを把握し、自動運転に切り替わる試作EV=写真=を出展する。

 名古屋モーターショーは隔年の開催で、今回が20回目。20万人の来場を見込む。入場料は大人1500円、高校生以下は無料。主催は中部経済新聞社、東海ラジオ放送、中日新聞社、中日スポーツ、東海テレビ放送。