トヨタ自動車の豊田章男社長=写真=は5日、東京都内で取材に応じ、自動運転や電気自動車(EV)などの開発競争の激化を念頭に「今年のテーマはスピードとオープンだ。トヨタは遅いと言われるが、失敗を恐れずにまずやってみる。いろいろな産業との連携も必要だ」と語った。

 競争力を高めるための課題としては「事務と開発現場の生産性を上げることだ」と指摘。「デジタル世代といわれる若者の考えが通るような環境を整えることも重要だ」と話した。