北米自動車ショー 苦戦セダンてこ入れ
日本の主要3メーカーのSUV試作車が披露され、会場の話題をさらった。写真上からレクサス、日産、アキュラ(ホンダの高級車ブランド)のSUV(共同)
日本の主要3メーカーのSUV試作車が披露され、会場の話題をさらった。写真上からレクサス、日産、アキュラ(ホンダの高級車ブランド)のSUV(共同)
 【デトロイト共同】米中西部デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、トヨタ自動車など日本の大手3社は15日、米市場で売れ筋のスポーツタイプ多目的車(SUV)をアピールした。一方、大型車に押されて苦戦が続くセダンの販売をてこ入れする動きも出ている。

 トヨタは高級車ブランド「レクサス」のSUV「LF−1 リミットレス」の試作車を公開した。自動運転技術の搭載に加え、燃料電池車や電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)などにすることを想定している。

 ホンダも高級車ブランド「アキュラ」の「RDX」の試作車を発表。年内にも発売する予定で、2000ccのターボエンジンを搭載した。日産自動車は3列シートの「クロスモーション」の試作車を公開した。

 また、トヨタは米国で今春発売する高級セダン「アバロン」の新型車を公開。米アマゾン・コムの人工知能(AI)を使った音声サービスが利用でき、ドアロックやエンジン始動のほか、車内から自宅の照明を点灯させることもできるという。

 米国では2017年、セダンを含む乗用車の新車販売台数が前年比10・9%減となった。ただ「セダンは高い年齢層を中心に一定の需要が見込める」(メーカー幹部)といい、各社は「定番」の車種として位置付けている。