ホンダも問題なしと説明。日産は検証作業継続
 トヨタ自動車は17日、神戸製鋼所やグループ企業が性能データを改ざんしていた素材を使った自動車部品の検証を終え、全ての車の安全性や性能に問題がないことを確認したと発表した。ホンダと三菱自動車、ダイハツ工業、スズキも同日、車の安全性を確認したと明らかにした。

 トヨタはボンネットに使うアルミ板などを神鋼から直接購入。取引メーカーも神鋼グループの銅製品や鉄粉などを使った部品をトヨタに納入していた。

 神鋼が持つ少なくとも直近1年分のデータで調べた。これまで素材別に確認を進めてきたが、国内外で調達した一部の部品で検証が終わっていなかった。

 ホンダは自動車のほか、二輪車や小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の安全性も確認した。SUBARU(スバル)は、自動車に使われている大半の部品で性能に問題がないことを確認したと説明。日産自動車は検証作業を続けている。

 トヨタは「検証にかかった費用を神鋼に請求するかどうかは、影響を精査して対応を検討する」としている。