ホンダは2日、2018年3月期の連結純利益予想を前回予想の5850億円から通期として過去最高の1兆円に上方修正したと発表した。米国の法人税減税の影響を織り込み、円安傾向や自動車の販売増も反映した。米税制改革に伴う法人税率の引き下げで税負担が軽減され、3461億円を純利益に上乗せした。ただ、税負担軽減による利益の大幅な増加は一過性のものという。