レアアースを従来比20〜50%削減
トヨタが開発に成功した新型磁石(右)と従来の磁石(左)。鉄粉がつく量は変わらず、同等の磁力を持つ
トヨタが開発に成功した新型磁石(右)と従来の磁石(左)。鉄粉がつく量は変わらず、同等の磁力を持つ
 トヨタ自動車は20日、原料となる高価なレアアース(希土類)の使用を抑えた新型磁石「省ネオジム耐熱磁石」の開発に世界で初めて成功したことを発表し、東京都文京区の東京本社で説明会を開いた。電気自動車(EV)などのモーターに使う磁石で、レアアースの「ネオジム」を従来に比べて20−50%も削減でき、さらに高価なレアメタル(希少金属)「テルビウム」「ジスプロシウム」も使わないで済む。

 新型磁石は、生産量が限られるうえ高価なネオジムに代えて、同じレアアースでも生産量が豊富で安価な「ランタン」「セリウム」に一部置き換えても、従来磁石と性能が変わらないという。まだ研究レベルで、HVなど電動車両の心臓部としての実用化は10年以内、パワーステアリングなどの部品は2020年代の前半を目指す。

 2030年には電動車両(HV、ハイブリッド車、燃料電池車)の販売目標550万台以上を掲げるトヨタは、開発を進める次世代の「全固体電池」に加え、需要が高まるモーターの肝となる技術にも踏み込む。 (田村尚之)