日産自動車は28日、主力のミニバン「セレナ」にハイブリッド車(HV)の新型モデル=写真=を追加し、3月1日に発売すると発表した。日産のHVはガソリンエンジンが発電のみ行い、その電気を使ってモーター駆動で走るのが特徴。小型車「ノート」に続き2車種目の採用となる。燃費はガソリン1リットル当たり26・2キロとガソリン車に比べて大幅に改善。自動ブレーキなどの安全運転技術を全車に装備した。最大7人乗りで、希望小売価格は296万8920円から。セレナの月間販売目標は8千台で、このうち4割をHVモデルとすることを目指す。