米通信社報道も日産幹部否定
 米ブルームバーグ通信は29日、同じグループの日産自動車とフランス自動車大手ルノーが合併に向けて協議していると報じた。関係者は電気自動車(EV)の強化や、ライドシェア(相乗り)の進展といった自動車産業の構造変化に適応し、経営資源を集中するのが狙いと説明しているという。日産の幹部は「報道は臆測だ。交渉している事実はない」としている。

 合併が実現すれば、ライバルのドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)や、トヨタ自動車などとの競争が一段と激しくなりそうだ。

 ただ、数カ月間続いている合併協議が、合意に達しない可能性があるとも伝えている。ルノーの筆頭株主であるフランス政府は、合併した場合に投資面の影響力が小さくなることから賛同するかは不透明だ。

 新会社の経営トップにはカルロス・ゴーン日産会長が就く見通しだと報じた。本社を日本とフランスの両方に置く可能性があるとする一方、英国のロンドンやオランダに設けることも想定されるとした。