トヨタ自動車傘下の日野自動車と独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は12日、商用車分野で戦略的協力関係を構築することで合意したと発表した。トラックとバスの電動化や自動運転技術などで協力する。日野の下義生社長と、VWの商用車持ち株会社のアンドレアス・レンシュラー最高経営責任者が東京都内で共同記者会見を開いた。日野の下社長は、親会社であるトヨタとの関係について「全く変わらない」と述べた。商用車分野の課題は「トヨタグループの中では解決は難しい」とも語った。