北京国際モーターショー開幕
注目を浴びたBYDの記者発表会
注目を浴びたBYDの記者発表会
 【北京共同】25日に開幕した北京国際モーターショーで、日系自動車各社は電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など「新エネルギー車」を中国市場に数多く投入していくと一斉に表明した。欧米メーカーも同様の方針で、力をつけてきている中国メーカーも含め、世界最大の自動車市場で次世代車を巡る競争がますます激化している。

 トヨタ自動車は2020年までに中国で10種類の電動車を投入する計画を表明。小林一弘専務役員は「自動車(業界)は100年に一度の変革期のまっただ中にある」と指摘。「世界で最も電動化が進む中国で開発を急ぐ」と強調し、バッテリーやモーターなどの現地生産体制を強化するとした。

 ホンダは25年までに20種以上の電動車を投入すると表明。水野泰秀執行役員兼中国本部長は中国メーカーの競争力が向上しているとして警戒感をあらわにした。

 中国市場での人気車種「シルフィ」のEVを初披露した日産の西川広人社長は「主力車種をどれだけ電動化していくかで(競争力に)大きな差が出てくる」と強調した。

 米大手フォード・モーターは25年までに中国で少なくとも15車種の電動化車両を投入する計画を披露した。

 吉利汽車など中国メーカー各社は技術力をアピール。新エネ車最大手、比亜迪(BYD)の幹部は中国市場をリードしていくと自信を見せ「中国車の定義を変える」と強調した。

 中国政府が19年から新エネ車の生産を一定割合で義務付けるため、各社は対応を迫られている。
トヨタのプラグインハイブリッド車「レビン」(共同)
トヨタのプラグインハイブリッド車「レビン」(共同)
お披露された日産新型EV「シルフィゼロ・エミッション」(共同)
お披露された日産新型EV「シルフィゼロ・エミッション」(共同)