決算について記者会見するトヨタ自動車の白柳正義専務役員=東京都文京区で
決算について記者会見するトヨタ自動車の白柳正義専務役員=東京都文京区で
 トヨタ自動車が9日発表した2018年3月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前期比36・2%増の2兆4939億円となった。2年ぶりの増益。為替の円安や米国の法人税減税が追い風となり、16年3月期に記録した日本企業としての過去最高益(2兆3126億円)を更新した。19年3月期は純利益が15・0%減の2兆1200億円と2年ぶりの減益を見込む。18年3月期は、北米や中国といった主要市場でスポーツ用多目的車(SUV)、ハイブリッド車(HV)などの販売が好調に推移。