電気自動車(EV)を手掛けるベンチャー企業GLM(京都市)は22日、京セラと連携し先端技術を組み込んだコンセプトカーを開発したと発表した。23日から横浜市で開かれる自動車技術の展示会で、京セラの展示ブースでお披露目する。

 京大発のベンチャーであるGLMと京セラの協業は今回が初めて。京セラは、カメラやディスプレーといった車載製品の販売拡大や、先進的な運転支援システムの開発に生かしたい考えだ。

 コンセプトカーは、GLMが販売しているEVスポーツカー「トミーカイラZZ」をベースに、内装を刷新した。