SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多目的車(SUV)の「フォレスター」=写真=とする方針を固め、開発を始めたことが24日、分かった。環境規制を強化する世界各国の動きに対応する。日本の自動車メーカーが手掛けるEVは「リーフ」を販売する日産自動車が商品化で先行するほか、トヨタやホンダ、マツダも18年以降に中国などで相次いで発売する。関係者によると、スバルは第1弾のEVについて、走行性能を重視し、楽しく運転できる車にすることを目指している。