日産、三菱自の独立維持
 三菱自動車のカルロス・ゴーン会長は22日、仏自動車大手ルノーとの資本関係について「三菱や(ゴーン氏が会長を兼務する)日産が、ルノーの完全子会社になる可能性はゼロだ」と述べ、ルノーによる支配を否定した。また「対等なパートナーシップが基本だ」とも指摘し、グループ3社の独立性を維持する考えを示した。三菱は22日、東京都内で定時株主総会を開催。ゴーン氏は「日産と三菱は(完全な統合によって)同じ会社にするつもりは全くない」と説明した。