「カローラスポーツ」体験試乗記
 LINEと提携「つながる車」は走りも気持ちいい
低く構えた精悍(せいかん)なイメージのカローラスポーツ
低く構えた精悍(せいかん)なイメージのカローラスポーツ
 トヨタ自動車から生きの良い5ドアハッチバック「カローラ スポーツ」が売り出された。事実上オーリスの後継車ながら、昨年のスポーツタイプ多目的車(SUV)売り上げナンバーワンだった「C−HR」をベースに、気持ちの良い走りができるよう仕上げた。発売1カ月で月販目標(2300台)の4倍にあたる9200台もの受注が入り、2日には6速MTも追加された。 (ペン&カメラ=田村尚之)

まるでGTカー

個性的ながら嫌みのないリアビュー
個性的ながら嫌みのないリアビュー
 スポーツカーでは持て余すが、しっかり走りたい。そんな思いを抱くユーザーは意外と多い。それに応えるのが、実用性も兼ね備えた5ドアハッチバックのスポーツ版。日本車では長らくめぼしい車はなかったが、トヨタがカローラの名前を冠して復活させた。

 肝心の走り味は「気持ち良い」のひと言。独ニュルブルクリンク24時間レース参戦で鍛え抜いたC−HR譲りの剛性感の高いボディーに、しっかりと踏ん張るサスペンション。ちょっと飛ばしたいなぁ〜というドライバーの気持ちに過不足なく応えてくれる。

 エンジンは排気量1・2リットルの直噴ターボと、同1・8リットルのガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドの2種。ターボはハイブリッドに比べて車重が約60キロも軽いこともあって軽快な印象。対してハイブリッドはやや落ち着いた乗り味で、GTカーのような感じを味わえる。

 カローラ スポーツの狙いを、開発者は「若い人を吸収したい」と力説する。必要な時だけレンタカーを借りる人が多いという若いユーザーに対し、車を所有する喜びを感じられるクルマ作りを目指した。気持ち良い走りはもちろん、躍動感がありながらすっきりした雰囲気の内外装デザインや、通信機能を備えたコネクティッドカー(つながる車)というところにも開発者の気持ちが表れている。

衝突予防も充実

シンプルな室内の作り込みはしっかり。シートは優しく包み込むような優れもの
シンプルな室内の作り込みはしっかり。シートは優しく包み込むような優れもの
 コネクティッドサービスでは、通信アプリ「LINE(ライン)」と提携し、車から離れていてもライントークを使ってカーナビの目的地設定ができ、ガソリン残量や天気の情報を得られる。今時の人なら便利に使いこなすだろう。オペレーターを呼び出して目的地を設定したり、車の情報を共有している販売店から修理や整備の連絡が入ったりもする。

 自動ブレーキなど先進の予防安全システムも充実している。高速道路での同一車線の追従機能も備え、衝突安全では昼夜を問わず歩行者を検知し、認識が難しい自転車も昼間は検知して衝突回避支援などを行う。

 月販目標は2300台と控えめながら、滑り出しは絶好調。カローラ スポーツが新しい風を吹かす。

 ★燃費 カタログ上では実用燃費に近い新基準WLTCモードでハイブリッドが30キロ/リットル(Zは25.6キロ/リットル)で、ターボが16.4キロ/リットル(4WDは15.2キロ/リットル)。千葉県の田舎道を走った試乗車ではハイブリッドが25キロ/リットル前後を記録し、ターボは山道メインで積極的に走っても10キロ/リットルを切ることはなかった。カローラの名前はだてじゃない。

 ★価格 ハイブリッドが241万9200円〜268万9200円。4WDの設定もあるターボは213万8400円〜261万3600円。変速時にエンジンの回転数を自動的に合わせる6速の「iMTモデル」はターボのみで210万6000円〜238万6800円。