商用バンにFF採用アウトドアなど仕事以外に活躍も
上級モデルの「+スタイル」は商用車ぽくないオシャレなイメージ(田村尚之撮影)
上級モデルの「+スタイル」は商用車ぽくないオシャレなイメージ(田村尚之撮影)
 ホンダからちょっと変わった軽自動車の商用バン車が売り出された。日本で一番売れている車、Nシリーズの末弟となる「N−VAN」だ。乗用のN−BOXをベースに、荷物を積むというビジネスユースに耐えられる効率性とタフネスさを備えた。商用車では珍しい車体前部にエンジンを搭載した前輪駆動のFFレイアウトを採用するなど独自の道を切り開く。 (田村尚之)

ボディーの四隅にタイヤ

助手席を倒せば長尺ものも簡単に収まる(田村尚之撮影)
助手席を倒せば長尺ものも簡単に収まる(田村尚之撮影)
 ホンダらしい独創的なアプローチだ。荷物を積むことを求められる商用車にFFを採用した。ライバルとなるスズキ「エブリイ」やダイハツ「ハイゼット」は後輪駆動。常識を覆した。

 一般的に重い荷物を車体後方に積むと前輪が浮き気味になり、前輪駆動だと駆動力を伝える時に不利になる。が、N−VANの開発者は「ホイールベース(車軸間距離)が長く、タイヤをボディーの四隅に配置できた。荷物は全てタイヤの内側になるので前輪が浮くようなことはない」と力説した。

宅配便利に広大な開口部

車内泊仕様に仕上げるのも楽しそう(田村尚之撮影)
車内泊仕様に仕上げるのも楽しそう(田村尚之撮影)
 仕事で使うユーザーの目は厳しく、机上の論理は通用しない。そこで独自のセンタータンクレイアウトを採用するNシリーズのメリットを最大限生かして低床化。トラクション・コントロール・システムやサスペンションの微妙な調整を施して課題を克服した。ライバルと同じ軽商用車の規格いっぱいとなる350キロの積載能力を備えた。

 助手席側のセンターピラー(柱)をドアの内部に収めたことで、広大な1510ミリという開口部を実現。メインユーザーとなる宅配業者などには便利な機能だろう。エンジンを前部に搭載することによる室内長の不利は、後席に加えて助手席も簡単に畳める機能を備えて長尺ものにも対応。創意工夫で、仕事の心強い相棒となった。

 ホンダは軽バン市場で厳しい状況に追い込まれている。20年ほど前には約20%あったシェアが、昨年はわずか3・5%。開発者は「シェア回復を目指し、ユーザーに徹底したリサーチを行い、多くの厳しい意見をもらった」と話す。その厳しい要求を一つ一つクリアしていった。

先進安全技術も標準装備

 頼もしい商用車に仕上がっているが、使い方次第で仕事以外でも活躍しそうだ。広く平らな荷室と大きな開口部を生かせばバイクや自転車を搭載でき、釣りや登山のアウトドアで車内泊に使うなど趣味のベースにもなる。乗り心地もN−BOX譲りで悪くない。

 さすがにこの1台で全てを補うことはできないが、自動ブレーキなどの先進の安全技術も標準で備え、軽スポーツカー「S660」用をベースにした6速MTなどはキビキビと走っていろんな妄想が膨らんでしまう。N−VANの広いスペースを何に使うかは、ユーザー次第だ。

 ★価格 126万7920円から179万9280円。月間販売計画は3000台ながら1万台近い予約が入る人気ぶり。FFと4WDが設定され、無段階変速機(CVT)と6速MTの2仕様がある。