東和不動産
富士スピードウェイ(左下)周辺に整備する、ホテルや飲食店などが入る区画のイメージ=東和不動産提供
富士スピードウェイ(左下)周辺に整備する、ホテルや飲食店などが入る区画のイメージ=東和不動産提供
 トヨタ自動車グループの東和不動産(名古屋市)は27日、2020年度に完成予定の新東名高速道路小山パーキングエリア(PA、静岡県小山町)の隣接地約27ヘクタールに、モータースポーツの選手らが利用できるホテルやガレージなどを整備する計画を発表した。

 近くの富士スピードウェイ(同町)で行われるレースにトップクラスの選手を多く呼び込み、モータースポーツの魅力発信につなげる狙い。プロチームや国内外のアマチュアレーサー向けの専用ガレージ、レース関係者が宿泊できるホテルなどを建設する。

 モータースポーツのファンや一般客向けに、選手との交流イベントなどを開けるスペースやレストラン、レーシングカーの展示場も設ける予定。21年春ごろから順次開業を目指すとしている。(杉原雄介)