マツダは2日、発電用のロータリーエンジンを搭載した電動車を、2020年をめどに発売する方針を明らかにした。バッテリーが一定のレベルに減ると発電する仕組みで、エンジンは駆動力には使わない。強みを持つエンジン技術を生かし、世界で進む環境規制の強化に対応する。搭載する車種などは検討を進める。丸本明社長=写真=は東京都内で開いた記者会見で「内燃機関を追求する従来の戦略に変わりはない」と述べた。

 マツダは30年時点で生産する全ての車両に電動化技術を搭載する方針。