SUBARU(スバル)は11日、ブレーキなどの検査で不正を行っていた問題を受け、「インプレッサ」などの計6124台(2017年12月14〜29日生産)のリコール(無料の回収・修理)を国土交通省に届け出た。ブレーキは自動車の安全の根幹に関わるため、不正の重大性を考慮した。関連費用は4億円を見込んでいる。

 スバル広報部の小松利充担当部長は東京都内で会見し「不適切行為を重く受け止め、お客さまの不安を払拭(ふっしょく)するためにリコールを届け出た」と説明した。ユーザー顧客から安全性を不安視する声や問い合わせを受けたという。