SUBARU(スバル)は1日、バルブスプリングと呼ばれる部品の不具合のため、走行中にエンジンが停止する恐れがあるとして、「インプレッサ」「フォレスター」「BRZ」と、トヨタ自動車が販売する「86(ハチロク)」の4車種計10万1153台(2012年1月〜13年9月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 海外でも約31万台のリコールを実施。海外分の車種は明らかにしなかった。