トヨタ自動車が2020年末までに閉鎖する子会社の東富士工場(静岡県裾野市)の跡地で、自動運転車を使った住民送迎や宅配サービスなど次世代技術を実証する先進都市開発の検討に入ったことが2日、分かった。20年代後半までの完成を目指す。通信機能を強化した「コネクテッドカー」から家電製品を操作できる住宅を整備し、商業施設も開業。IT企業とも連携する。トヨタは跡地の活用法は決まっていないとした上で「モビリティー(乗り物)ビジネスでの活用を軸として、地域社会と成長、発展できる方法を検討する」とコメントしている。