トヨタ自動車が6日発表した2018年9月中間連結決算は、純利益が前年同期比16.0%増の1兆2423億円と2年連続の増益だった。中国や欧州など海外販売が好調だった。売上高は3.4%増の14兆6740億円と過去最高となった。

 本業のもうけを示す営業利益は15.1%増の1兆2618億円だった。ダイハツ工業と日野自動車を含むグループ世界販売は1.5%増の529万3000台と過去最高を更新した。