トヨタ自動車は28日、グループのトヨタ車体(愛知県刈谷市)に委託していたミニバンや小型バスなどの開発や生産を、今月から同社への移管に切り替えたと発表した。委託では権限がトヨタ自動車にあったが、移管後はトヨタ車体が主体になって業務を進める。意思決定を迅速化して競争力を高める。生産台数は引き続きトヨタ自動車が計画する。

 「ランドクルーザー」など大型スポーツタイプ多目的車(SUV)は委託の形式を続ける。