トヨタ自動車は30日、執行役員のうち常務役員と技術系で役員待遇の常務理事のポストを来年1月に廃止すると正式発表した。同時に常務や部長級、室長級を統合した資格として「幹部職」を新設。組織の階層を減らし、意思決定の迅速化を図る。

 豊田章男社長は今回の人事改革について「即断、即決、即実行できるトヨタに生まれ変わるためのものだ」とのコメントを出した。