日産自動車で新車の出荷前検査に関わる新たな不正が見つかったことが6日分かった。ブレーキなど複数の項目に関わる可能性があり、対象車のリコール(無料の回収・修理)の届け出を視野に入れている。前会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕され、出直しを模索する新経営体制へ打撃。生産管理の甘さが厳しく問われるのは必至だ。