【パリ共同】17日付のフランス紙フィガロは、日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者がトップにとどまる自動車大手ルノーを巡り、筆頭株主のフランス政府が後任人事の検討を始め、タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・セナール最高経営責任者(CEO)がルノー会長の有力候補となっていると報じた。

 ゴーン容疑者の後任を巡っては、ルノー勤務の経験があるトヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長らの名前も候補として取り沙汰されている。