宇宙服いらずで快適ドライブ!!
2029年の打ち上げ目指す
トヨタがJAXAと共同開発する有人月面探査車のイメージ(トヨタ自動車提供)
トヨタがJAXAと共同開発する有人月面探査車のイメージ(トヨタ自動車提供)
 トヨタ自動車は12日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、月面で宇宙服を着ずに乗車でき、燃料電池で1万キロ以上走破できる車の開発に取り組むと発表した。2029年に米国のロケットでの打ち上げを目指す。

 月面を走る車は、米アポロ計画でも電池で動くバギーが活躍した。ただしオープンカーだったため、乗車の際に宇宙服を着なければならなかった。空気で満たされた車が月面を走れば世界初となる。

 JAXAは30年代をめどに、日本人宇宙飛行士による月面探査を構想しており、月面車の活躍が期待される。トヨタの寺師茂樹副社長は「月面でのプロジェクトに参画できることは、エンジニアにとってこの上ない喜びであり非常にわくわくしている」と意気込んだ。

 構想によると、月面車は内部が人が過ごしやすい気圧を保った「有人与圧ローバー」。飛行士は宇宙服を着る必要がない。全長6メートル、幅5・2メートル、高さ3・8メートルで、マイクロバス約2台分のイメージだ。内部の空間は4畳半程度で2人乗り。緊急時は4人乗ることができる。

 月面は大気がほとんどないため、太陽が当たる昼と当たらない夜とで温度差が激しい。放射線も月面まで到達しやすく過酷な環境だ。開発する月面車は、この過酷な環境に耐え、空気を漏らさずに安全に月面を移動する技術が求められる。

 JAXAによると、探査は29〜34年の5年間で実施。月面の5地域を候補としている。飛行士は1回当たり42日間乗車して探査する。

 JAXAは20年代に無人の着陸機「SLIM」など、さまざまな月面探査を計画。月面車を使う有人探査は無人探査の後に挑む。