自動車技術会は14日、学生が自動車の安全技術を競う「2019年学生安全技術デザインコンペティション」日本大会を制した日本大学工学部バイオメカニクス研究室が国際大会出場を決めたと発表した。日本大会は11日に4チームが参加して行われ、腰椎及び腹部傷害の程度を判定する乗員用新型ダミーを開発した日大が最優秀賞を獲得。6月にオランダのアイントホーフェンで開かれる国際大会に日本代表として参加する。