ホンダやヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の2輪車メーカー4社が、電動バイクの規格を統一するための協議体を共同でつくることが2日分かった。電動バイクの普及を加速するのが狙いだ。バッテリーや充電設備などの規格の統一を目指す。4社で連携し、国際規格作りで優位に立ちたい考えだ。