トヨタ自動車は8日、家庭などで充電できるハイブリッド車「プリウスPHV」の一部仕様を変更し、乗車定員を4人から5人に変更した。合わせて車両のバッテリーに蓄電した電気を家庭で使えるシステムをオプションで搭載し、最新の安全装備や専用通信機能を標準装備とした。価格は317万8440円から426万6000円。昨年も1万2000台を発売した最も人気があるPHVが弱点を克服した。