日本自動車連盟(JAF)は22日、国内で開かれる来季の国際スポーツカレンダーを公開した。主催団体などからの申請を受けたもので、スーパーGTやスーパーフォーミュラはそれぞれ公開した草案のまま。鈴鹿サーキットで開かれるF1日本GPは10月11日決勝で、富士スピードウェイ(静岡県)で行う世界耐久選手権の日本大会は10月11日、同18日、同25日決勝の3案が記載。10年ぶりの復活を目指す世界ラリー選手権の日本大会は現時点では組み込まれていない。