日産自動車の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)は5日、株価に連動して役員報酬が決まる制度に関し、社内規定に違反し不当に報酬を上乗せして受け取ったことを認めた。自身の指示は否定した上で、不当に受け取った額は返還する意向を示した。他の複数の役員にも同様の行為があったとも明らかにした。日産は来週に取締役会を開き、西川氏を含めた関係者の社内処分の必要性を検討する。

 不当報酬は日産の内部調査で判明した。西川氏は数千万円を上乗せして受け取った疑いがある。会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長カルロス・ゴーン被告の事件からの信頼回復を進める中、西川氏にも規定違反の報酬があったことで、求心力に影響が出そうだ。西川氏は5日午前に東京都内で記者団の取材に応じ「本来の形とは違う(制度の)運用があった。差額がある」と述べた。