トヨタ自動車は9日、労使協議会を開き、今冬の一時金(ボーナス)を3・5カ月分と回答した。3・2カ月分だった今夏ボーナスと合わせると、同社労働組合が2019年春闘で要求した年間6・7カ月分に対し、9年連続の満額回答となった。年間ボーナスを春闘で一括回答する従来の手法を覆し、異例の継続協議となっていた交渉が決着。豊田章男社長は労使協議会で「組合員の皆さんがもう一度、自分たちの現状を見つめ直してくれたのではないかと思う」と評価した。