ホンダが早ければ2020年夏にも、一定条件下でドライバーに代わってシステムが走行を担う自動運転「レベル3」相当の技術を搭載した車の販売を検討していることが13日、関係者への取材で分かった。高級車の一部モデルから搭載するとみられ、実用化されれば日本メーカーでは初となる見通し。高速道路の渋滞時などに、ドライバーが緊急時に直ちに対応できる状態であれば走行中に携帯電話の操作やテレビの視聴が可能になる。