いすゞ自動車は18日、スウェーデン大手のボルボと提携し、ボルボ子会社のUDトラックス(旧日産ディーゼル工業、埼玉県上尾市)を買収すると発表した。UDの全株式を来年末までに取得する。UDの事業価値は約2500億円と見積もっている。ボルボと協力することで、自動運転や電動化など次世代技術の開発を加速。また、弱点である大型車の販売増加を図る。東京都内で会見した片山正則社長は「(ボルボとは)得意な商品が異なり、相性がいい」と説明した。