ホンダは19日、2輪車の世界生産累計が12月で4億台に到達したと発表した。1949年に「ドリームD型」で量産を開始し、70年で達成した。現在21カ国の35拠点で2輪車を生産。97年に1億台、2014年に3億台を記録し、18年には年間2000万台を超えるなどアジアを中心に高い支持を得ているという。八郷隆弘社長は「お客さまをはじめ開発から製造、販売やサービスに携わった全ての皆さまにお礼申し上げます」とした。