ドイツ検察は21日、同国にある三菱自動車の関係会社の拠点複数を家宅捜索した。検査時に有害物質の排出量を少なく見せ掛ける装置をディーゼルエンジンに搭載した疑いがあるという。ドイツ大手フォルクスワーゲン(VW)に端を発した排ガス規制逃れ問題が日本メーカーに飛び火した。

 一方、自動車部品大手のデンソーは22日、ドイツの検察当局が同国にあるデンソーの技術拠点に立ち入り捜査に入ったことを明らかにした。三菱自の排ガス不正の疑いに関連して捜査を受けた可能性がある。

 三菱自動車首脳は22日、ドイツ検察が現地の同社関連会社を家宅捜索したことについて「不正はなかったと認識している」と話した。