自動車大手の2019年の世界販売台数が30日、出そろった。日産自動車とフランスのルノー、三菱自動車の3社連合は合計で1015万台と、前年の2位から3位に後退。トヨタ自動車グループが3年ぶりに2位に浮上し、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は4年連続で首位を堅持した。VWやトヨタが過去最高を更新する一方、3社連合は前年の1075万台から大きく減少した。トヨタ(ダイハツ工業と日野自動車含む)は1・4%増の1074万台。中国で高級車ブランド「レクサス」が伸び、欧州や国内もハイブリッド車が好調に推移した。