トヨタ自動車は6日、2020年3月期の連結純利益の予想を従来の2兆1500億円から2兆3500億円に上方修正したと発表した。前期比では24・8%増となる。本業のもうけを示す営業利益も2兆4千億円から2兆5千億円に引き上げた。売上高は29兆5千億円で据え置いた。同時に発表した19年4〜12月期連結決算は、売上高が前年同期比1・6%増の22兆8301億円となり、4〜12月期として3年連続で過去最高を更新した。