ホンダは18日、子会社の本田技術研究所(埼玉県和光市)が担う四輪車の商品開発機能をホンダ本体に統合すると発表した。別の子会社ホンダエンジニアリング(栃木県芳賀町)は本体に吸収合併する。いずれも4月1日付。

 四輪車事業の利益率が低下しており、開発を迅速化して競争力を改善する。ホンダは研究開発機能を本体から独立させる珍しい体制を取ってきた。研究所は事実上縮小し、自動運転など次世代技術の開発に特化する。二輪車の開発機能も昨年4月に本体に集約した。