日産自動車は18日、臨時株主総会を横浜市で開き、昨年12月に就任した内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)ら4人を取締役に選任する議案を可決した。

 臨時総会は特別背任事件などを受けて前会長カルロス・ゴーン被告を解任した昨年4月に続き、同一年度で異例の2度目。自身の報酬問題で社長兼CEOを辞任した西川広人氏らは取締役を退き体制を刷新した。内田氏は総会で「信頼回復と業績回復に向け、抜本的な改革を行う」と述べた。