10代目となるホンダの新型「アコード」
10代目となるホンダの新型「アコード」
 ホンダは20日、世界的な主力セダン「アコード」の10代目となる新型車を発表した=写真。国内のセダン市場が縮小する中、デザインの上質感を高め長年のファンだけでなく若者にもアピールする。国内向けの生産は狭山工場(埼玉県)からタイに移管して効率化した。21日に発売する。

 二つのモーターを使ったハイブリッド車(HV)で、バッテリー位置などを工夫し室内を広くした。全長は短くして運転しやすくしたという。値段は465万円で、月販300台を目指す。米国では2017年10月、中国では18年3月にそれぞれ発売している。

 寺谷公良執行役員は都内で「中上級セダンはドイツ車が強く、そういう客に響く戦略で新しい層を取り込みたい」と話した。アコードは初代が1976年に発売され、世界で累計2000万台以上を販売している。