会見をするトヨタ自動車の豊田章男社長(左)とNTTの澤田純社長
会見をするトヨタ自動車の豊田章男社長(左)とNTTの澤田純社長
 トヨタ自動車とNTTは24日、資本業務提携で合意したと発表した。相互に2000億円を出資して株式を持ち合う。街全体をITでつなぐ次世代都市「スマートシティー」事業の推進で連携する。静岡県裾野市や東京都港区での同事業で協力し、他の都市にも展開していく。

 トヨタの豊田章男社長は東京都内で開いた記者会見で「NTTとの提携は必要不可欠で、ある種必然だった」と話した。移動サービス全般を手掛ける「モビリティカンパニー」への企業改革を提携で加速。NTTの澤田純社長はスマートシティー事業について「世界に広げたい。長期的取り組みになる」と述べた。トヨタはKDDI(au)の大株主で、ソフトバンクとも自動運転車を活用する共同出資会社を設立。国内通信大手3社全てと提携することになる。