自動車大手8社は28日、4月の生産・販売実績を発表し、国内外を合わせた世界生産台数は前年同月比60・9%減の91万6255台だった。新型コロナウイルス感染拡大防止や部品調達の支障などにより主な工場を止めたため。世界販売は50・7%減の108万2128台。トヨタは46・3%減と、単月の下げ幅としては2001年以降で最大だった。欧州を中心に厳しい外出規制が敷かれたことや販売店の休業が響いた。