トヨタ自動車のSUV「カローラクロス」
トヨタ自動車のSUV「カローラクロス」
 トヨタ自動車は9日、主力車の「カローラ」シリーズで初となるスポーツタイプ多目的車(SUV)を発表した。同日、タイで発売し、今後アジアで販売を拡大する計画だ。日本での発売は未定。現地で人気のコンパクトSUV市場に主力ブランドの新車種を投入し、需要の取り込みを図る。

 車名は「カローラクロス」。車内空間と荷室を広く設計し、子どもを抱えて乗り降りしやすいように後部のドアを大きくした。車体を軽くすることで燃費性能も向上させた。

 タイではガソリン車とハイブリッド車(HV)を用意した。定価は98万9千バーツ(約340万円)からで、発売から一定期間はキャンペーンで割り引く。

 カローラシリーズは1966年に日本で初代を発売。これまでに世界150以上の国と地域で累計4800万台以上が売れている。