警察庁は22日、高速道で一定基準を満たす区間の最高規制速度を現行の100キロから120キロへ正式に引き上げる方針を明らかにした。

 120キロ走行可能な設計となっている全国13路線21区間のうち、東北自動車道(2区間)、常磐道、東関東道、新東名高速道の計4路線5区間、総延長約322キロで先行して運用される見込み。大型トラックなどは80キロ規制を続ける。

 引き上げに必要な交通規制基準改正を8月にも実施する。地元県警と高速道路会社との調整、県公安委員会の決定、標識整備などが必要で、開始時期は地域で異なる。

 早ければ東北道の岩手県の区間は基準改正後間もなく、新東名は本年度中にも実現する見通し。残る区間は交通情勢なども踏まえ、片側3車線を優先して今後検討する。

 1963年に日本初の高速道である名神高速が開通して以降、最高速度が100キロ超となるのは試行を除き初めて。